若狭おばま温泉夕日と華膳の宿『サンホテルやまね』

サンホテルやまねでご宿泊のお客様に
おすすめツーリングコース、スポットのご紹介

ツーリングコース、スポットのご紹介

サンホテルやまねには雨に濡れないバイク用駐輪場がある事もあり、ツーリングを楽しむお客様も多くご来館いただいています。
ツーリングで訪れるなら是非このルートでというルートをご提案させていただきます。

オススメツーリング・ドライブコース
美山かやぶきの里~白鬚神社

快適・爽快に走れるツーリングコースの一例をご紹介致します。

水島

美山かやぶきの里 → 美山ふれあい広場

ツーリング・ドライブの起点又は終点となる美山かやぶきの里(京都府南丹市美山町北)から南丹市立 道の駅・美山ふれあい広場(京都府南丹市美山町安掛下25)へバイクで移動します。

【かやぶきの里とは】
京都府南丹市美山町の北集落「かやぶきの里」は、京都市と小浜市の中間に位置します。集落を東西に渡り、鯖街道と呼ばれる街道が通ります。ここには、約220年前(江戸時代)〜 150年前(明治時代)に建てられた茅葺き屋根の家屋が多く残され、今も、50戸ある家屋のうち39棟が茅葺き屋根です。伝統的技法による建築物群を含めた歴史的景観の保存度が高く評価され、北集落は1993年12月8日に、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

美山かやぶきの里

南丹市立 道の駅 美山ふれあい広場

水島

美山ふれあい広場 → 名田庄 → サンホテルやまね

美山ふれあい広場より、国道162号線へ、堀越峠を経て道の駅 名田庄(福井県大飯郡おおい町名田庄納田終109-4-1)へ、その後国道162号線、国道27号線を通りサンホテルやまね(福井県小浜市小浜白鬚55-1)へご来館下さい。

南丹市立 道の駅 美山ふれあい広場

国道162号線 利用(堀越峠)

道の駅 名田庄(なたしょう)

国道162号線 利用
国道27号線 利用

若狭おばま温泉夕日と華膳の宿
サンホテルやまね

水島
水島

サンホテルやまね → 三方五湖レインボーライン

サンホテルやまねで1泊した後、三方五湖レインボーライン(福井県三方上中郡若狭町海山から三方郡美浜町笹田に至る有料道路)を目指します。
国道162号線は関西では大定番のツーリングロードです。正式名称は“国道162号線”ですが“鯖街道”という呼び名が一般的です。
このルートは、日本海へ向かうメインロードのひとつで、特に京都市内~小浜市の区間は、山林と里山風景の美しいルートとして、通称“周山街道”とも呼ばれるライダー達にも人気の道になっています。また、見どころやグルメスポット等も点在しており、観光にもお勧めのルートとなっています。

サンホテルやまね

国道162号線利用
小浜市阿納(あの) ※若狭湾を見ながら
小浜市犬熊(いのくま)〃
小浜市志積(しつみ)〃
小浜市矢代(やしろ)〃
小浜市田烏(たがらす)〃
若狭町食見(しきみ)〃
若狭町世久見(せくみ)〃
県道216号線利用 ※三方五胡を見ながら

三方五湖レインボーライン

水島

三方五湖レインボーライン → 熊川宿

三方五湖レインボーラインから熊川宿、道の駅 若狭熊川宿(福井県三方上中郡若狭町熊川)を目指します。
【熊川宿とは】
若狭から京都を結ぶ重要な宿場で、重要伝統的建造物群保存地区に選定され、熊川宿を含む鯖街道が「~御食国若狭と鯖街道~」として日本遺産に認定されました。

三方五湖レインボーライン

県道216号線利用 ※三方五胡を見ながら
国道27号線利用
国道303号線利用

熊川宿
道の駅 若狭熊川宿

水島

熊川宿 → 白鬚神社

ツーリングコースの締めとして、道の駅 若狭熊川宿より白鬚神社(滋賀県高島市鵜川215番地)を目指します。
※白鬚神社をツーリングの起点、かやぶきの里を終点とする場合は、掲載したルートをそのまま逆にして下さい。

道の駅 若狭熊川宿

国道303号線利用
国道161号線利用
国道303号線利用
県道333号線利用(湖周道路)※琵琶湖を見ながら
県道304号線利用(湖周道路)※琵琶湖を見ながら
国道161号線利用※琵琶湖を見ながら

白鬚神社

やまねはツーリング利用のお客様にも最適

“だからバイカーに選ばれる”

サンホテルやまねには、ツーリングを楽しまれる多くのバイカーのお客様にもご来館いただいています。
お一人様から、複数人でのツーリングを楽しまれているお客様まで、幅広くご利用可能です。

屋根付き駐輪場が嬉しい

サンホテルやまねをご利用のお客様は、屋根付き駐輪場をご利用いただけます。
バイカーの皆様には大変好評をいただいております。

海岸線沿いのホテルだからコースに組み込みやすい

海沿いのルートをツーリングされるお客様には、ツーリングコースにとても組み込みやすく、一人でも泊まりやすいホテルとして、広く利用いただいております。

Copyright © サンホテルやまね. All Rights Reserved.